事例紹介

大阪市西区 Sハイツ 長尺シート張り

物件種別
マンション
施工内容
防水工事
施工期間
7日
施工費用
詳しく見る

リフォーム内容

5階建て27戸口のマンションです。既存の床の防水がめくれてきており、見た目も悪く、防水性能も損なわれている為、既存の床の上に防滑性のある長尺シートを張りました。側溝などに防水工事を行い、その防水にかぶせるようにシートを張ります。そうすることによりシートと床との取合部分の防水効果が高められます。お客様の希望により、以前とは全く違う色のシートを張ったことによりマンションがすごく明るくなりました。また安全面においても滑りにくくなり、入居者の方々も安心して廊下を歩行することができるようになったかと思います。

大阪府豊中市 H様邸 屋上防水工事

物件種別
一戸建て
施工内容
防水工事
施工期間
7日
施工費用
詳しく見る

リフォーム内容

ウレタン防水工事を行いました。剥がれかけている防水材、シール材を取り除き、その上に塗料を付着しやすくするプライマーを塗っていきます→その上に骨材を混ぜ合わせたプライマーをもう一度塗っていきます→最後にウレタン性の防水材を塗ります。ウレタン防水は液体状ですので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を施す事が出来ます。

大阪市港区 Sビル 屋上防水工事

物件種別
鉄骨ALC造
施工内容
防水工事
施工期間
6日
施工費用
詳しく見る

リフォーム内容

工事前の状況としましては、塔屋の笠木がとれ、防水シートがめくれ上がっていました。屋上の防水シートも浮いてきている箇所が見られたので、塔屋と屋上両方の防水工事、及び塔屋の笠木取付の工事をさせていただきました。作業内容としましては、既存防水シートの撤去→下地処理→プライマー→中塗り→ウレタン上塗りという流れです。防水が終わったところで塔屋の笠木取付をしました。笠木を固定している力板が雨水の侵入によりもろくなっていたので、力板も交換し、笠木が飛んでしまわないように固定しました。そして、笠木と笠木の継ぎ目部分や、笠木と力板を固定しているビスの頭にも雨水が浸入しないようにコーキング処理をしました。今回の防水工事で、およそ10年~15年は安心です。しかも10年保証付きとなっております。見て見ぬふりをしてしまいがちな屋上の床の対応が遅くなり、雨漏りしてからですと余計に予算がかかってしまいます。気になっているお客様!今年こそは思い切って防水工事を検討してみてはいかがでしょうか?

大阪市平野区 G様邸 屋上防水工事 

物件種別
鉄骨ALC造
施工内容
防水工事
施工期間
6日
施工費用
詳しく見る

リフォーム内容

屋上・ベランダのウレタン塗膜防水(X-2工法)、既存フェンス撤去、メッシュフェンス工事、パラペット笠木 ベランダ手摺ペンキ工事。屋上の既設手摺からの水漏れと屋上平場面の亀裂からの水漏れがあり、官公庁改修工事に適用されるX-2工法(ウレタン防水材に補強布ほ挟み込む密着工法)で保護し、メッシュフェンスも既存のものより背の高いものを使用しました。 延べ床は約30㎡の工事です。この水漏れで内装もひどい状態になっていました・・・ 防水工事は10年~15年の経過での工事計画が必要です。