ブログ / Blog

壁のデザインを変えるだけでインテリア雰囲気はガラリと変わる

こんにちは。リフォームのブログを担当するツトムです。

インテリアのデザインは眺めているだけで楽しくなります。

最近ご提案したインテリアの中で壁のデザインを変えただけでガラリと変わったイメージデザインをご紹介します。

壁のデザインを変えるだけで雰囲気の違うマンションインテリア

京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました A案
▲京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました A案

今回は京都にある新築マンションのインテリアデザインをいたしました。

ご要望はいくつかあったのですが、ぜひご提案したいという思いで和テイストのインテリアリフォームをプランいたしました。

残念ながら和テイストのインテリアデザインは選ばれませんでした。しかし、お客さまによっては私たちが提案するデザインから選ばれる方も実際いらっしゃいます。お客さまが思いつかなかったところもご提案する姿勢って大事だと思うんですよね。

実際にお客さまが選んだインテリアデザインの原型

京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました B案
▲京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました B案

新築マンションの良さと和テイストどちらも取り入れたインテリアデザインが選ばれました。

エコカラットもあえて主張せず壁と同調させることで、マンション空間の広さを印象づけました。

オーダー家具の液面テレビボードもアイアン素材を取り入れたおしゃれなデザインとなりました。

壁面のテレビボードのデザインを変更してみました

京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました C案
▲京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました C案

もう少し収納力が欲しいとのご要望から、圧迫感を感じさせない程度にテレビボードの棚を増やしてみました。

棚が2つ増えただけの変更ですが、上の画像と見比べてみてください。考えている以上に雰囲気が変わるものです。

ちょっとした変更も、感覚だけで進めるのはとても危険で目で見て見比べることがとても大事です。インテリアを自由に変更できるグラフィックデザインであれば、いくらでも変更かので、かつリアルなグラフィックのものほど質感まで感じることができる分、リフォームの失敗が少ないと言えます。

今度はソファーの色を変更してみました

京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました D案
▲京都の新築マンションのインテリアをグラフィックデザインしました D案

圧迫感があまり好きでないということで、テレビボードに小さな収納をつくり、ソファーの色を変えてお好みに近づけていきました。

白と黒のコントラストが新築マンションのインテリアをグッと引き締まりました。

お客さまにも気に入っていただけた様子でなによりです。

リフォームは図面や頭のイメージで進むよりも十分に確認するのがおすすめです

リクリエイトは、リフォームサービスにおいてイメージの取り違いによる失敗をなくすためにも、カタログで使われるようなリアルなグラフィックデザインでご提案しております。

こうすることで、こんなはずじゃなかったというリフォームの失敗を防いでいます。

お客さまもこのリアルなグラフィックに関心が高く、安心して工事を任せていただいております。

お洒落な空間を演出するエコカラット!グラナスヴィストが人気の理由は…


私たちリクリエイトは、お客様の「こんな店にしたい」「あんなデザイン出来るかな?」そんな想いを叶える住宅リフォーム・店舗改装を専門としています。
 
今回はリビングのムードを高めるエコカラットについての紹介です。
 
一般的に新築マンションの壁と言えば白いクロスが一般的ですが、玄関や廊下、また人が集まるリビングの雰囲気がガラッと変わりるエコカラットが、今とっても人気です。
 

 
例えば、ここで使用しているのは、贅沢感のあるナチュラルな空間を演出するLIXILの「グラナスヴィスト」と言うエコカラット。
 
シンプルな壁に凹凸が出来、照明を当てると光の陰影がうまれて部屋のムードを盛り上げてくれます。
 
このAVボードはリクリエイトの家具工場で作成したオーダーメイド家具。グラナスヴィストの個性を引き立たせる暖色系の照明もいい感じですね。
 
エコカラット
 
ウッド調の木目のあるAVボード、そして棚との相性も抜群で、こに観葉植物も置くと、リビングがカフェのような居心地になります。
 

 
このエコカラットは、室内をお洒落な空間にするだけではありません!
 
実は…
エコカラットには、余分な湿気をたっぷり吸収してくれる特徴もあり、LIXILの実験データを見るとエコカラットを使用する事によって湿度変動が抑えられ、結露や過乾燥が軽減されたと言う結果が見られます。

 
そして、下の「各壁材の吸放湿量」の比較を見ると、エコカラットの吸放湿量は珪藻土の5~6倍、調湿壁紙の25倍以上。
 
つまり調湿性のある他の建材に比べて見ても、より優れた調質性である事が分かります。これなら部屋干しなどのジメジメの解消にも期待ができますね。

 
更に、脱臭効果もあり、ニオイもスッキリと言う特徴もあります。
 
 
エコカラット
 
 
生活の四大悪臭成分と言われるトイレ臭、生ゴミ臭、タバコ臭、ペット臭、それらの成分もまた珪藻土や調湿壁紙と比べて大きな差があります。
 

 
エコカラット、凄いですね!
 
リフォームの際には是非、取り入れてみては如何でしょうか。部屋の質感を高め、湿度とニオイに効果を発揮しますので、リビングだけでなく玄関や脱衣所、トイレなどにも絶対的におすすめ。
 
エコカラットが最近とっても人気があるのも納得です。