ブログ / Blog

当たり前のことを当たり前に、入念に消毒する

こんにちは、ツトムです。

住宅と店舗インテリアをリフォームする「内装工事屋さん」にご訪問いただき、ありがとうございます。

戸建てやマンションをホテルラウンジのようなインテリアにするだとか、店舗をおしゃれカフェにリニューアルするなどのお役に立つ、インテリアデザイン・施工の事例など従業員ならではのリフォームにまつまる情報を発信しております。

お客さまの大事な空間だからこそ、清潔にが当たり前

コロナに負けない入念に消毒する

手洗いやマスク着用で新型コロナウィルス対策を行ってきましたが、お客さまや職人同士で接触しやすい箇所は、重点的に消毒するようルール化しました。

建築現場では、一部コロナ対策が遅れているとの報道もありますが、カラダひとつで働く職人にとって重要な問題点です。

職人一人ひとりがその重要さを理解しているから、お客さまの安全を守れると自信を持って作業しています。

汚れやウィルスのリスクは、モノから人の手へ感染する

コロナに負けない入念に消毒する

ウィルスは口や粘膜のある箇所から体内へ侵入します。

ウィルスの付着した手やモノをしっかり除菌することが大切です。

ドアの取っ手は、手からモノに付着する場所であり、取っ手から手に付着しやすい場所。

誰もが触れてしまうドアノブは集中的に消毒

コロナに負けない入念に消毒する

リフォーム現場では、玄関ドアに室内ドア、バルコニーの掃き出し窓など通るため必要な取っ手がいくつもあります。

特にこれらの素材は、他の素材に比べてウィルスの生存期間が長い。

こまめに消毒することが大事なため、繰り返し入念に除菌します。

職人が一丸となってウィルスに対策する

リフォーム作業に入る前、時間がかかってでも現場の消毒は徹底しておこないます。

もちろん、リフォーム作業後も同様に消毒することで、コロナからの安全を守ります。

いつでもどこでもアルコール除菌できる環境づくりが大切です。

実際に工事した住宅でリノベーション相談会もやってます!

実際に工事した住宅でリノベーション相談

店舗リフォーム以外にも、住宅インテリアのリノベーションもやっております。CGで制作したインテリアデザインや事例をご覧いただけます。