ブログ / Blog

飲食店の分煙リフォームはお済みですか?売り上げを左右する分煙対策

飲食店を経営されている方にとっては少々悩ましい問題なのが、改正健康増進法の施行による喫煙規制です。元々分煙対策がなされているお店は問題ありませんが、4月から今まで喫煙OKだった飲食店はすべて、原則屋内禁煙となります。ただし、「既存特定飲食提供施設」の条件が満たされれば、経過措置が認められる場合があるということはご存知でしょうか。

お店を上手に分煙化することで、今まで通りの集客が可能になります。喫煙・禁煙問題で売り上げが左右されることのないよう、一緒に分煙対策を考えていきましょう。

2020年4月から、飲食店は原則として屋内禁煙となります

分煙対策-店舗-リフォーム

2018年3月に健康増進法の改正案が閣議決定され、2018年7月に可決されました。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年4月までに全面施行する方針となっています。

これにより、多くの人が利用する施設の屋内を原則禁煙とし、学校・病院・行政機関は敷地内すべてにおいて禁煙とされることになります。

飲食店やオフィスなど多くの人が集まる施設は、喫煙専用の室内でのみ喫煙できるようにするなど、受動喫煙を防止するための対策が求められています。

しかし先ほども述べたように「既存特定飲食提供施設」の条件を満たした店舗であれば、喫煙可能室の設置が認められます。

・令和2年4月1日時点で、営業している飲食店であること

・個人又は資本金5,000万円以下の会社が経営しているものであること

・客室面積が100平方メートル以下であること

上記の条件を満たす場合に限り、「エリア分煙」「時間帯分煙」「フロア分煙」などの分煙化が可能になります。

デメリットばかりじゃない、分煙化による飲食店のメリットとは

店内の分煙化は確かに面倒ではありますが、決してデメリットだけではありません。

分煙対策をすることで得ることのできるメリットもあります。

1つめのメリットは、今まで来店していただいてた常連のお客さまも、新たにお越しいただくお客さまもしっかり離すことなく確保できるということです。

タバコの臭いがつくのを嫌がる女性や、子ども連れの家族など、これまでタバコの煙が原因で来店を遠ざけていた方にも、来店していただけるようになります。

2つめのメリットは、天井や壁の喫煙による黄ばみの影響などが最小限に抑えられることです。

また、ゴミの分別が楽になることや、清掃性やメンテナンス性が高まることで、店内を常に清潔に保つことができます。

3つめのメリットは、タバコの臭いによるお店のマイナスイメージがつくのを回避できることです。

タバコの臭いは料理の魅力を損ないます。

料理の美味しさを最大限にお客さまに伝えるなら、分煙対策は急務と言えます。

これでもう大丈夫!すべてのお客さまを遠ざけないための分煙方法

加熱式タバコ専用喫煙室リフォーム

飲食店における分煙パターンは大きく分けて5つあります。

まず1つめは、エリアによる分煙方法です。

飲食スペースを喫煙できるエリアと喫煙できないエリアに区分けする方法で、看板だけで表示するより、パーテーションや植栽によって明確に区分する方が効果的です。

2つめは、個室による分煙方法です。

喫煙スペースを個室化する方法で、個室内に一定の気流が確保できるよう、適切な換気設備が必要となりますが、高い分煙効果が見込めます。

3つめは時間帯による分煙方法です。

同じ場所でランチタイムは禁煙、ディナータイムは喫煙可とするなど、時間帯によって喫煙・禁煙を変更する方法です。

しかしタバコの臭いが残ってしまう危険性があるので、十分な換気を行うなどの配慮が必要です。

4つめは、フロアによる分煙方法です。

2階建て以上の店舗の場合、フロアごとに喫煙・禁煙を設定して分煙する方法です。

煙の性質を踏まえ、基本的には喫煙フロアは、禁煙フロアよりも上の階に設ける必要があります。

5つめは、店内は全席禁煙とし、屋外に喫煙スペースを設置する方法です。

喫煙スペースは店舗の敷地内に設け、パーテーションで区切るなどの対策を行い、周囲の環境に影響を及ぼさないような配慮が必要です。

また、紙巻タバコは喫煙不可の「加熱式タバコ専用喫煙室」であれば、飲食等の提供が可能であることはご存知でしょうか。

店内の広さに余裕がある場合は、「加熱式タバコ専用喫煙室」の中に、紙巻タバコも吸える「喫煙専用室」を設けるなど、2段階で喫煙室を設置する分煙方法も検討してみてはいかがでしょうか。

飲食店の分煙リフォームは内装工事屋さんにすべておまかせください

店舗の分煙化をお考えなら、国や都道府県で設けられている助成金・補助金制度の活用を検討してみましょう。

しかし、申請には制度の種類や申請の流れについて、あらかじめ理解しておく必要がありますが、日々の業務に忙しく、なかなか実行しにくいのが現状ではないでしょうか。

また、不燃材や換気設備の防災工事が必要になるケースも多く、分煙対策には専門知識が求められることもしばしば。

申請もすべてまとめて、店舗の分煙化は内装工事屋さんにおまかせいただくと、手間や余計なコストをかけることなく、お店の構造や広さ、業態に合わせた分煙対策がご提案できます。

集客率の向上を目指した分煙リフォームは、ぜひ内装工事屋さんにご相談ください。

住宅リノベーションやってます!

店舗リフォーム以外にも、住宅インテリアのリノベーションもやっております。CGで制作したインテリアデザインや事例をご覧いただけます。