ブログ / Blog

飲食店舗の厨房カウンターを床も含めて防水リフォーム

こんにちは。

リフォーム工事のブログ担当のツトムです。

先日、飲食店の厨房カウンターをリフォームした画像を発見したのでご紹介したいと思います。

飲食店舗の厨房カウンターを床も含めて防水リフォーム

飲食店舗の厨房カウンターを床も含めてリフォームしました
▲飲食店舗の厨房カウンターを床も含めてリフォーム

今回は、飲食店舗の厨房カウンター工事です。

私たちのホームページをご覧になられて問い合わせいただいた訳なんですが、嬉しいですね。

実は、あまり防水工事ってご紹介しきれてなかったんですよ。それなのにご依頼いただけるのには強い縁みたいなものを感じます。

オーダー家具が得意だとカウンターを含むリフォームもお手のもの

飲食店舗の厨房カウンターを床も含めてリフォームしました
▲オーダー家具が得意だとカウンターを含むリフォームもお手のもの

私たちリクリエイトは、家具職人が在籍するリフォーム会社なので、建築以外の内装であればどのようなご要望にも対応できる経験と知識があります。

木製のカウンターであれば、理屈そのものを理解しているので最小限の工事だけで済ませることもお手のものです。

現場で木材を加工しながらの大工仕事も問題なくこなせます。

店舗に人が来て利益がでてなんぼの世界なので超特急で工事進めます

飲食店舗の厨房カウンターを床も含めてリフォームしました
▲店舗に人が来て利益がでてなんぼの世界なので超特急で工事進めます

店舗のリフォームになると気をつけないといけない点は、営業できる時間を使って工事しているということ。

つまり、工事期間が伸びれば伸びるほど営業に迷惑をかけてしまうんですよね。

店舗に人が来て利益が出てなんぼの世界ですから、超特急で仕上げなければなりません。

言われなくても隙間なく一直線に美しく仕上げる職人のこだわり

飲食店舗の厨房カウンターを床も含めてリフォームしました
▲言われなくても隙間なく一直線に美しく仕上げる職人のこだわり

飲食店舗の厨房は、もちろん水を扱うわけですから防水処理が必須となります。

隙間なく一直線に美しく仕上げる。

特に効果になんら関係ありませんが、きっちり仕上げたいのが私たち職人の性格なんです。

木目のステキな深みのあるウォルナット色の食器棚

こんにちは。新築マンションのブログを担当するツトムです。

色に深みのあるウォルナット色は、大人のモダンインテリアを演出するのに人気のカラーです。

高級感のあるラグジュアリーな雰囲気にすることも、落ち着きのあるカフェ風のインテリアにすることも。

そんなステキな食器棚を製作いたしました。

木目のステキな深みのあるウォルナット色の食器棚

マンションのキッチンスペースに食器棚をリフォームしました

色の深い食器棚は壁紙とのコントラストが出て人気です。

欧米風のインテリアが好きな方におすすめの食器棚に仕上がりました。

深みのある木目の素材はインテリアに柔らかな印象を演出してくれる特徴があります。

人工大理石の食器棚の魅力

人工大理石の素材は、ポリエステルとアクリルの樹脂素材で造られます。

大理石のような質感に仕上げられており、高級感のある食器棚になると人気の集まる素材です。

天然の大理石に比べると安価で、熱や汚れへの耐久性にも優れている点で、システムキッチンやキッチンボードなど調理家具に多く使われます。

大理石を使った食器棚は深みのある高級感がでる

なんと言っても人工大理石を使った食器棚は、見た姿から高級感が感じられるのでステキです。

天然とそっくりに造られたものほど効果になりますが、御影石や大理石の質感まで再現されているので、上質なインテリアにデザインされたい方におすすめ。

特に高級感のある統一されたインテリアを好む方から評価があります。

大理石の食器棚でキッチンスペースが調和のとれた空間に

木目のステキな食器棚はキッチンをすっきり美しく見せてくれます。

温かみのある雰囲気と、シンプルさを合わせたデザインを気に入っていただけました。

自分のこだわりに合う食器棚をお探しならリクリエイトにお任せください。

落ち着いた雰囲気と上質で柔らかな木目の食器棚

マンションのキッチンに食器棚をリフォームしました

ウォルナット色のインテリアは、落ち着きのあるカフェ風のインテリアにすることも。

吊戸棚に間接照明をプラスすれば、まるでホテルのような雰囲気も感じさせます。

お気に入りの食器棚のキッチンスペースで落ち着きのあるリラックス空間をつくりませんか?

リノベーション専門のサイトがオープンしました。

“マンションオプション”という枠を超えて、もっとあなたらしい住まいを目指してみませんか?間取り変更、エコカラットやタイルの施工、オーダーメイド家具の取り付け、照明計画…。

リマンションでは、リフォーム&リノベーションのご相談も随時受け付けております。ぜひ一度ホームページをご覧ください。

リフォームの在宅ライター募集

大阪でコンテンツや記事の企画更新の求人情報

リフォームサイトの記事ライティングで手に職つける。

大阪のマンションでアクセントウォールの内装リフォームをデザインいたしました
大阪のマンションリノベーションでウッドパネルの合う内装工事をデザイン
大阪のマンションリフォームでソファーの合う内装工事をデザイン

私たちリクリエイトは、家具から内装から住まいづくりに目を向けて、新しい発想で楽しく面白く独創性のある住まいにリフォームする会社です。

本社のオフィスは、昭和レトロな銭湯の外観をそのまま手を付けずに利用しています。逆に、内装は自分たちの使い勝手の良い空間へリノベーションしています。4年前には、オーダーメイド家具を製作する自社工場を立ち上げました。今では、新築マンションなどで目にする、メーカー品に劣らない食器棚や造付け家具がお届けできるまで成長しました。

会社が事業拡大に向けて、成長し始めた今なら『自分の力で会社を動かす働き方』も叶えることができます。人生を変えたいと感じているなら、今がチャンス!!

募集背景

元銭湯をリノベーションしたリフォーム事務所
元銭湯をリノベーションしたリフォーム事務所
元銭湯をリノベーションしたリフォーム事務所

会社を立ち上げたばかりの頃は、地域に根づく小さなリフォーム店からスタートしました。そして、自社に木工所を設立しオーダーメイド家具をお届けできるようになりました。今では新築タワーマンションのインテリアデザインするまで成長しました。

事業が拡大しても、始めの頃から続く地域に根づく姿勢に変わりはありません。なぜなら、営業スタイルは顧客からのリピートとホームページからの完全反響営業のみで、手の届く範囲で無理せずじっくり腰を据えてお客さまと向き合っているから。

リクリエイトの強みは、少数精鋭でそれぞれ働く従業員がプロであること。やりたいことを自らが向き合い、実行できる自由な環境があります。型にはまらない働き方に向いている職場だと思いますよ。例えば、個人経営くらいの気持ちで、おもいっきり仕事にチャレンジして欲しいと考えています。

今回の求人募集では、これまで蓄積したノウハウをもとに、新しい10年後の展開に向けて、事業拡大を図っていきたいと考えております。そのさきがけとして、会社の経営体制の強化を行なうこととなりました。

職種・募集要項

主に自社ホームページ(リフォーム・リノベーション・家具)の記事更新をお任せいたします。

1記事1文字1円3000~4000文字が目安です。WordPress内でフリー画像中心に2枚差し込み作業があります。

▼仕事の流れ

①構成の提出

②構成チェック

③執筆開始

④原稿チェック

⑤納品

応募資格

リフォームが好きな方

1年以上のライター実績のある方

求めるイメージ

①とにかくインテリアが好きな方

②文字を書くのに苦を感じない方

③スキマ時間を使って稼ぎを増やしたい方

雇用形態

業務委託

作業目安

1記事 3~5時間程度

※画像はフリー素材を中心に使用

報酬

1文字 1円

応募方法

下記の質問内容と合わせメールで応募ください。

募集企業名:株式会社Re-create

勤務地:在宅

送付先:renobe@re-create.co.jp

採用担当まで

▼質問内容

名前:

住まい:

実績内容:

得意分野:リフォーム・家具

▼求人情報の有効期限

有効期限:2019年7月31日

大阪市浪速区で古民家風の民泊リフォーム店舗工事をおこないました

観光客に古き良き時代を感じてもらいたい

大阪市浪速区町の寝室を民泊にリフォーム工事しました
大阪市浪速区町のキッチンを民泊にリフォーム工事しました
大阪市浪速区町の外観を民泊にリフォーム工事しました

▲大阪市の浪速区で町家風の民泊リフォームが完成したと連絡が入り撮影に伺いました

今回のリフォーム現場は、大阪市の浪速区です。本社から車で15分程度と近い現場でした。浪速区といえば"通天閣"をイメージされる方も多いのではないでしょうか。実はこの浪速区は国外から訪れる方の多い地域で住みやすいからと移住される方も多いのだとか。

特に大阪は観光客の宿泊先が少ないことから民泊のオープンが相次いでおります。今回リフォーム工事は、昔ながらの民家の良さを感じさせる宿にしたいとのご希望で庶民的な雰囲気を残しつつも宿として使い勝手よい空間へとリフォームいたしました。

今回の店舗は入り口がガラス張りだったので開放的なインテリアにすることができました。全体的に木目を使ったデザインで優しさのある親しみやすいインテリアに仕上げられたのではないでしょうか。

木目調のすてきな店舗リフォームになりました。

民泊リフォームの完成イメージをデザイン

家風民泊リフォーム工事をイメージデザインしました
家風民泊リフォーム工事の寝室をイメージデザインしました
家風民泊リフォーム工事の外観をイメージデザインしました

▲民家風リフォームが完成したと連絡が入り撮影に伺いました

今回のリフォーム現場は、大阪市の浪速区です。本社から車で15分程度と近い現場でした。浪速区といえば"通天閣"をイメージされる方も多いのではないでしょうか。実はこの浪速区は国外から訪れる方の多い地域で住みやすいからと移住される方も多いのだとか。

大阪は観光客の宿泊先が少ないことから民泊のオープンが相次いでおります。今回リフォーム工事は、昔ながらの民家の良さを感じさせる宿にしたいとのご希望で庶民的な雰囲気を残しつつも宿として使い勝手よい空間へとリフォームいたしました。

特に今回は昔ながらの古民家にあった土間の台所をイメージ。鮮やかなタイルのキッチンがとても素敵な空間へと変身いたしました。

時間の経過と共に色が深くなったような木材カラーで統一させました。。


古民家の再生もプロ職人に任せてください

大阪市浪速区で町家風に民泊リフォームの壁工事をしました

リフォームが難しいと言われる古民家のリフォームも熟練した職人がいるので安心してお任せください。

特にリフォームされずに空き家となったままの長屋などの和室は、現在でも昔ながらの土壁で放置されている場合が多い。土壁はよい点なども多いですが、時間の経過とともに劣化が進んだ壁はまるで砂を塗ったようにパラパラと崩れてきます。

このような壁をひとつひとつ再生させていてはリフォーム費用も膨らむばかりです。

抑えられるところは抑えて、昔ながらの良さは残す。このようなリフォームができるのも熟練した職人がいるおかげです。

今っぽさを残しながら風呂場タイルを仕上げる

大阪市浪速区で町家風に民泊リフォームの風呂工事をしました

今ではあまり見かけなくなりましたが、昔ながらの風呂場はタイル張りのものがほとんどでした。目地と目地の間が若干掃除しにくいと、ユニットの風呂を好む方が増えたからですね。

ただ、古民家風の民泊にユニットバスって違和感でしかない。やっぱりここは在来工法のタイル張りでのリフォーム工事をおすすめいたしました。

どこかしら歪んでますから現地で造りますよ

大阪市浪速区で町家風に民泊リフォームの造作工事をしました

何でもそうなんですが、使い続けたものはどこかしら必ず傷みが出てくるものです。

内側や外側が汚れたりした場合には、上からリフォームすれば良いですが、家そのものが傾いている場合にはそうもいきません。

地盤沈下などで傾いた家をリフォームするにはとても大掛かりな工事になるので、ある程度の許容範囲内であれば、その傾きに合わせて壁や扉などを現地サイズで造作します。

湯沸かしに空調設備も何でもやります

大阪市浪速区で町家風に民泊リフォームの設備工事をしました

今では生活の必需品となった湯沸かし器や空調を調節するクーラーなど。

リフォームやリノベーションとなると、どうしても大掛かりな工事ばかりが注目されがちです。見るだけなら全然問題ないですが、実際に住むとなると住心地や使い勝手なども重要です。

注文してあったクーラーを「ついでに取り付けも」なんて要望もお任せください。

解体から設備の工事、最後に家を洗うクリーニングまで一括してお任せいただけるのは地域に密着したリフォーム業です。お客さまと近い距離感で現場であれこれ決めていくのもリフォームの醍醐味じゃないでしょうか。

古民家風の民泊へと生まれ変わりました

大阪市浪速区町家風民泊リフォーム工事

どうでしょうか。素敵な古民家風の民泊へと生まれ変わりました。

畳でゆっくりとくつろぐのも良し、土間にあるようなキッチンスペースで昔ながらのおむすびを作るのも楽しいかもしれません。



流木照明で灯の屈折を演出させたダイバーショップ店舗


私たちリクリエイトは、お客様の「こんな店にしたい」「あんなデザイン出来るかな?」そんな想いを叶える住宅リフォーム・店舗改装を専門としています。
 
今回は流木照明を巧みに使用したダイバーショップの施工事例の紹介です。
 

 
デザインはお任せと言うご依頼。そこでダイバーショップと言う事でしたので、自然なものを使った施工が良いだろうと流木照明を提案しました。
 
流木照明にした理由は、流木と照明を一緒に合わせると光が幾重にも重なって、海の底から上を見上げた時に光がぼやけ屈折した雰囲気を表現出来るように感じたから。
 
そして、その出来栄えは想定通りに美しい。見る角度によって光の具合も違い、なかなか良い雰囲気です。

 

 
この流木照明は天井だけでなく、側面にも設置させムードを盛り上げています。
 

 
床は流木照明の雰囲気を盛り上げる為、あえて素地仕上げ。とは言え、解体した時のコンクリートのままだとコンクリの粉末が出て来てしまうので、素地の質感と色合いをそのままにクリア塗装で一枚コーティング。
これが結果的に大きなコスト削減にもなっている点も大きなポイント。
 

 
カまた、ウンターやテーブルの板に関してはフローリング材を使用してみました。天井は流木、床のコンクリート感だからこそ、ここもあえてテーブルにフローリング材に。この発想も面白いでしょ。これも自社工場があるリクリエイトだから出来る技。
 
テーブルにフローリング材を使用する事で、手間や作業日数を大幅にカット出来、ここでもコスト削減につなげています。

 

 
ウットリする居心地の良さに仕上がったわけですが、改装前の雰囲気は・・・
 

 
今回は日程的にも時間が短く、また出来るだけコストを抑えて欲しいとの依頼者からの要望もありましたので、様々なアイディアを織り込みました。現場では依頼者の方も一緒になって手伝ってくれ活気ある現場になり、私たちとしても思い出の残る改装工事に。とても御満足頂いたとお褒めの言葉も頂きました。本当に良かったです。
 
ありがとうございました。
 

手書きスケッチからこだわりを120%再現したレストラン店舗


私たちリクリエイトは、お客様の「こんな店にしたい」「あんなデザイン出来るかな?」そんな想いを叶える住宅リフォーム・店舗改装を専門としています。
 
今回は自宅の一部をレストランとしてリフォームされた「野菜Ristorante」です。大阪の枚方にある自家栽培のお野菜にこだわったお店の施工事例を紹介しましょう。
 

 
今回の依頼はお客様が用意された手書きのスケッチから始まりました。
 
そのスケッチにはカウンターの高さや色、装飾、角度、支柱の数や、厚みやカーブの形状、天板の塗装まで細かく描かれ、その内容は細かすぎるほどの内容。他の工務店からは希望通りに作り上げるのは難しいと言われたそうです。
 
確かに、断られたと言うのも納得の難問も・・・。
 
それは天板の塗装に金粉を散りばめたようなメタリックな質感のカウンター。木材に自動車の塗装のような光沢を持たせるもので一般的に不可能です。
 


 
そこで今回担当したのは、お客様からの要望が多ければ多いほど燃えると言う施工管理を担当する今村です。彼曰く、確かにお客様が望まれたカウンターのデザインは「どうすべきか」頭を抱えながらも「これだから面白い」と常に前向き。
 
今回の無理難題も決して諦めず、現場のメンバーに協力を仰ぎ、知恵を絞り、特殊技術を持つ塗装会社の方を巻き込んで、お客様のリクエストに応えて行く。
 
ほら!メタリックな質感のカウンターが完成しました。不可能はありません。
 

 
そして、海外より取り寄せられた大理石調のストーンパネルの裏にライトを仕込ませた絶妙の透明感。そして複数の柄を組み合わせたタイルの壁面。
 
この柄の配置デザインも客様のこだわりです。照明でタイルが品よく煌めき美しい!
  

 
更に、カウンターに見られる厚みやカーブの形状は、納得いただくまで図面を引き直して提案し、削り出しを行いました。これも自社工場を持っているリクリエイトの強みがあるからこそ出来る技。
 
上を見上げると、壁と同様に濃紺で統一された天井に“星”が照明で表現され、その配置は適当ではなく、こちらも全てイメージされたもの。
 

 
施工の際は、慎重に配置のパターンを確かめ、お客様の描く”星空”のイメージを一緒に確認しながら「これだ!」という絶妙な並びで完成させました。確かに見上げると、とっても癒しを感じます。 
 
最後に、改装前の状態はこんな感じでした。 
 

 
こだわりと愛情たっぷりのお店は時間をかけて丁寧に仕上げました。手書きスケッチから始まった今回のご依頼。とても満足して頂けてホッとしています。
 
りがとうございました。 
 
 

大阪のマッサージ店舗を高級な店内に改装いたしました

『ストレスや不安を感じずに、なりたい自分へ』 実力派サロンのS様がイオンモールりんくう泉南のショッピング施設に店舗をオープンするということで改装リフォームをおこないました。
 
 
エントランスは、木目を基調とした高級感のあるゆったりとした空間に。
 
  レスポンスの速さとフットワークの軽さで決めました。」
 
 
 
 
 
店内の壁や天井は、リゾートのホテルを感じさせる空間に仕上げております。
 
 
 



同じカテゴリーの事例を見る | 同じカテゴリーのブログを見る


エステ店舗 内装リフォーム|店舗改装 リフォーム 大阪

大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ
エステ店舗のエントランス内装リフォーム|大阪
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ6
待合室内装 エステ店舗リフォーム|大阪
 
 
 
リフォームのきっかけ「ゆったりくつろげる店舗内装にリフォームしたい。」
前回の尼崎店のリフォームに引き続き、イオンモールで新しいエステ店舗をオープンしたいとご相談いただけました。マッサージに来店されたお客さまにゆったりとくつろいでいただきたいとのコンセントから、店舗の内装を高級感がただようリゾートホテルのような内装へリフォームいたしました。
 
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ3大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ4
エステ内装の店舗リフォーム BeforeAfter|大阪
 
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ5大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ7
エステ店舗の待合室リフォーム BeforeAfter|大阪
 
 
 
お客さまの声「居抜きで残されてい収納を活用して予算内でまとめてくれました。」
イオンモール内の広いフロアでしたので、それなりのリフォーム金額を覚悟していましたが店舗居抜きの物をうまく有効活用しくれたので、思っていた価格よりローコストな提案をしてくれて嬉しかったです
 
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ8大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ9
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ10大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ11
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ12大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ13
店舗内装リフォームの施工模様|大阪
 
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ
店舗の内装リフォーム 完成
 
 
 
大阪_泉南市_店舗リニューアル_エステ14リフォーム無料相談

介護ステーションのインテリアを店舗リフォームいたしました

木目調でおしゃれな開放感のある介護サービス店舗

大阪市東淀川区の福祉介護施設のインテリアをリフォームしました
大阪市東淀川区の福祉ステーションのリフォーム工事をしました
大阪市東淀川区の福祉介護施設の店舗リフォーム

▲大阪市東淀川区の介護施設のフルリフォームが完成したので撮影に伺いました

今回のリフォーム現場は、大阪市の東淀川区です。本社から車で25分程度の現場でした。東淀川区といえば暮らしやすく親しみやすい都心のベッドタウンとい印象でしょうか。市営や府営の住宅も多く、介護を必要とされている方も多いように感じました。

時代の流れと共に必要とされる介護サービス。少しでも快適で居心地のよい空間にしたいと、リフォームする私たちも内装リフォームという形で頑張らせていただきました。

今回の店舗は入り口がガラス張りだったので開放的なインテリアにすることができました。全体的に木目を使ったデザインで優しさのある親しみやすいインテリアに仕上げられたのではないでしょうか。

木目調のすてきな店舗リフォームになりました。


開放感のある介護ステーションの入り口でひと時

大阪市東淀川区の福祉介護施設の内装リフォーム

この開放感のある入口まわりはひと息休憩したくなるリフォーム空間に生まれ変わりました。

大きな観葉植物がアクセントとなり、ホワイト色の家具としっかり調和が取れているように感じます。

事務商品や水回りのキッチンなどはロールスクリーンですべて隠すことができるようにリフォームいたしました。生活感のでやすい箇所もさっと隠せて使い勝手もよくなっております。

ワンタッチでまるごと隠せる水回りのロールスクリーン

大阪市東淀川区の福祉介護施設のキッチンをリフォームしました
大阪市東淀川区の福祉介護施設のロールスクリーンをリフォーム

店舗ってどうしても使える場所に限りがあります。広さや快適さも含め動線を考えた時にこの場所にデスクを並べる必要がありました。

椅子に座ることで目線が普段よりも低くなり、自然と周りに置いてあるものが目につくものです。眼の前が水回りだっただけに、さっと隠すことのできるロールスクリーンは重宝します。

鉄家具のデスクをL字にすることで効率作業

大阪市東淀川区の福祉ステーションのL字テーブルを製作しました

L字のデスクはI字デスクに比べて座れるひとの数がすくなります。しかし、両手が手の届く範囲で広いスペースを確保できるため事務作業など効率がぐんとよくなります。

特に今回のデスクは、鉄製の脚に天板を乗せたオリジナルのデスクをオーダーメイドで製いたしました。

入り口のロールスクリーンで落ち着きを感じる店内に

大阪市東淀川区の福祉介護施設のエントランスをリフォームしました

開放感のある店舗の入り口もロールスクリーンで隠せるようにリフォームいたしました。ちょっとしたことですが、店内のプライベートが守られるようにも。

ダウンライトの間接照明が柔らかな光で落ち着きのある介護ステーションを演出してくれます。



新しく優美に!店舗や事務所の移設、家具を再利用したリフォーム


私たちリクリエイトは、お客様の「こんな店にしたい」「あんなデザイン出来るかな?」そんな想いを叶える住宅リフォーム・店舗改装を専門としています。
 
今回は店舗の移設に際してリフォームの事例の紹介です。
 
今ある店舗をもっと立地条件の良い場所に移動する、もっと広い場所に行く。業績のグングン上がっている人気ある店からの依頼が多いです。ただ店舗を移設する際に全てを新しくと言う考えもありますが、現状で使っているものを出来るだけ再利用してと考えるのも当然ですよね。
 
雰囲気あるカウンターや棚をそのまま生かし、ご利用になるお客様に快適な空間を提供するリラクゼーションサロンとして再スタートさせる。

 

 
ただ、現状の家具を再利用して店舗を移動させる場合、その家具の大きさが新しい場所に適合するか、また高さや幅は大丈夫かなどが気になるところだと思います。
 
しかし、そのような心配はご無用です。
 

 
もちろん、現状を見てから「出来る・出来ない」の判断をさせてもらいますが、その大きさが合わないのであれば、可能な限り加工して再利用させます。
 
また、家具を新しくしたい、サイズにピッタリ合わせた拘りの家具を作りたいと言う場合は、当社の家具工場でお望みの家具を製造も致します。
 

 
工事はこのような流れで進んで行きます。最初は何もない殺風景な広い空間、それが徐々に変わって行きます。


 
このように!
 

 
やはり店舗が新しくなると、従業員さんのモチベーションもアップしますし、今まで営業してきた経験を活かしてのレイアウト。仕事の効率も上がります。またお客様も新しくなったお店にはワクワクし注目度も上がるはず。新しく優美になりました。
 
もし、今ある店舗や事務所を移設したいとお考えの場合、ぜひ一度ご相談ください。お値段も含めて可能な限り全力でお答え致します。