ブログ / Blog

リフォームマンションの食器棚の機能性を追求するオーダー家具

私たちリクリエイトは、お客様の「こんな店にしたい」「あんなデザイン出来るかな?」そんな想いを叶える住宅リフォーム・店舗改装を専門としています。その中でもお客様から特に喜ばれている一つがリクリエイトの自社工場によるオーダー家具。
 
 
「部屋のこの場所に、隙間なくピッタリこの寸法で」
「高さはこれ位で、収納はこんな感じで…」
 
 
そんな要望を全て100%以上の満足度でお答えできるのが当社の自慢。そこで、今回は自社工場で家具を作っている工程の一部をお見せしましょう!!

 

 
これから度々、食器棚を紹介する機会も多いと思いますが、似ていいるようで全て異なります。ご依頼されたお客様のキッチンの寸法に合うように設計され、もちろん引き戸の高さから大きさまで、お客様のリクエスト通り。
 
つまり、ここでお見せする全てが各家庭のオンリーワンの家具なのです。
 

 
さて、上の画像で行っている作業工程は、フラッシュ構造と呼ばれるもの。
 
木を枠で組み、両側に板を貼ります。見た通り、この枠を汲んでいる部分が芯材となるので、空洞部分が出来ます。これは日本の家具では、ごく当たり前に見かける家具構造の一つですが、なぜこんな手間をかけていると思いますか?
 
現場で見ていると、一つ一つ寸法を確認し、まるでパズルを組むように手間をかけます。そんな手間をかけるなら「フラッシュ構造」ではなく「ベタ芯構造」と言って無垢材を使用したら良いのにと感じたりもするほど。
 

 
もちろんフラッシュ構造にするには理由があります。
 
 ①コスト削減 = 別の新しい家具や家電に予算を当てれるかも
 ②家具が軽くなる = レイアウト変更などの時に良い
 ③mm単位の細かい調整がしやすい = 細かい要望にお応えしやすい
 
コストを削減する事で「ついでにここも新しくしようか」と資金のかけ方の幅が広がるかもしれません。また家具を軽くする事で、将来的に引越しやレイアウトを変更しようなどあった場合にも対応しやすい利点も考えられます。
 
更に、この寸法にピッタリ収まるように作って欲しいなど細かいリクエストの場合、このフラッシュ構造は微調整が出来やすい。特にリフォームマンションの場合、この空間にピッタリ収まる食器棚を作って欲しいと言う要望が多く、この工法はそんなmm単位の機能性に対して効果を発揮します。これもまた自社工場を持つ当社の強み。
 
尚、無垢板を使用した場合、実は湿度などによって板が動いたりしてしまう事もあります。逆に学校などでは腕白な子供達が空洞部分に穴を開けてしまう事があり、無垢板を使用している場合が多い。このように生活環境によって様々ですが、日本の各家庭で使用する家具に関してはフラッシュ構造を採用しているケースが一般的です。
 
 
リフォームやオーダー家具に関し、ご質問など御座いましたら、お気軽にご相談下さい。専門スタッフが一つ一つ丁寧にお答え致します。こんな事無理かな?と言った事でも、是非お問合せ下さい。きっと出来るはずです。
 
今回はオーダー家具製作の工程一部をピックアップして紹介してみました。