ブログ / Blog

本格的なツリーハウスを作るのが夢!型破りな職人

「ツリーハウスを作るために僕はこの業界に入ったんですよ」と目をキラキラさせながら語る今村はRe-createで施工管理を担当する型破りな職人です。

お客さんと徹底的に話し合う事をモットーに、依頼者の想いを引き出すことに長けている彼は、常識の枠に囚われない柔軟な発想の持ち主で、周囲を驚かせる芸術性に富んでいます。そんな今村を紹介しましょう。


インテリアや雑貨好きの心を掴む天才

朗らかな表情で癒し系、周囲から「今ちゃん」と親しまれている彼は、お客さんの心を掴む天才。そんな彼が常に意識しているのは、些細な事でも徹底的に話を聞き、その上で自分の意見をハッキリ述べること。

いったい何がそう言わせるのか
打ち合わせで依頼者から「西洋風にしたい」と言った要望の場合、依頼者自身が頭に描いている西洋風を引き出すため、最初の段階ではイメージ案は出さない。西洋風のイメージも十人十色、依頼者が頭に描くの奥の奥の細かいイメージまで絞り出すことに専念し、聞いて聞いて聞きまくると言う。

打ち合わせで案が固まると即座に図案化させ、依頼者のイメージを具体的に表現する。夢の中に出て来そうな凝ったデザインでも問題なし。それを形にするのは彼の得意技。

なぜなら今村は職人でありながら、営業もデザインも熟すエキスパートだからです。

今村インスタ画像

デザインやアートに関し、今村は美術系の学校を出たわけではありません。また過去の職種でデザイン経験があるわけでもない。この仕事を始めた頃に図面では表現できないデザインに直面し、必死に描いたデッサンが高く評価されたことをキッカケに、自分の感性をベースに独学で学び成長してきた努力家。

だから一つの枠に収まらない自由な発想が面白く、特に流木を使った照明など、流木アートには周囲の評価も高い。そんな彼には「いつか絶対に本格的なツリーハウスを作る」と言った目標があると言う。

ツリーハウスと言えば『トムソーヤ』の世界で登場する男の憧れ。人と接するのが上手く、アート的なセンス、また何より仕事を楽しんでやっている。それも自分の世界に入り込むのではなく、周囲を上手に巻き込んで皆で楽しい、すなわち最高の仕事を、依頼者も含めてチームになってやり遂げると言ったスタンス。

今村なら、日本を代表するようなツリーハウスを作り上げるに違いない。

リフォームでチカラを発揮するポイントをピックアップ

決断が速い、これしかないでしょ!と引っ張っていく

感覚的に優れている

フランク、お客様と仲良くなる

柔軟な発想を持っている

物腰やわらかく、頼みやすい、

怖いもの知らず、先入観なしで何でもトライする