ブログ / Blog

お客さまから再び連絡をいただけるということは

リフォームといえば大阪で人気のRe-create

おしゃれで好評の総合リフォームといえば、
大阪で個性的なリノベーションが得意のRe-create。

現地に伺っての状態調査から適正価格のお見積まで、
安心サービスを無料でお届けしております。


こんにちは。いやー最近の暑さは尋常じゃないですね。デスクトップに向かって作業をしていると、気づいたらメガネと鼻の間に汗が溜まってとんでもない事になりかけているツトムです。


さて、今回のリフォームブログでは、以前に内装リフォームで工事させていただいたお宅のトイレ床の補修とその他のメンテナンスについてご紹介させていただければと思います。

リクリエイトは工事後に追っかけで追加営業などは一切やっておりません。なので、メンテナンスや補修工事の依頼があった場合はお客さまからご連絡いただくのがほとんど。後から何度もしつこいのは嫌ですもんねー。

お客さまから再び連絡をいただけるということは、とてもありがたい気持ちでいっぱいになります。だって前回のリフォームでちゃんとご満足いただけているという証。ご納得いただけていない会社に、わざわざ連絡とか入れませんもの。


床の状態確認からスタート

マンションリフォームの床補修で再び内装リフォームのご依頼をいただきました

トイレとその前の通路が傷んでいるとのことで、床をキレイに解体いたしました。


今回、水廻りの床ということで、基礎の木下地からすべてリフォームすることにいたしました。


基礎からしっかりやり直しておけば、この先の生活で安心して使っていただくことができます。

マンションの内装リフォームで木下地の上にコンパネを張り合わせました

木下地の上から12ミリのコンパネを張り合わせております。

洗濯パンの排水管(緑)が板の開口部から顔を覗かせております。

マンションの内装リフォームでトイレの床を基礎からやり直しました

お次はトイレの中です。

写真の右に見える管が下水用の配管になります。



便器を取付けてリフォーム完了です

マンションリフォームでトイレの床をキレイにリフォームいたしました

元々取付けてあったトイレを戻し、リフォームの完成です。