ブログ / Blog

マンションと一体化させる収納はいろんな問題を解消してくれる

こんにちは。


ツトム君です。


大阪で築50年のマンションフルリフォームが着工いたしました。


今回のマンションリフォームで印象的なのは、

古くなってしまった和室2部屋を取り壊し、

ひとつの新しい洋室へ生まれかえらせるリノベーション的な内容です。


その他にも、床の間をクローゼットに変更したり、

押入れをクローゼットにリフォームする内容もございます。


本日は、そんなフルリノベーションの現場模様をご紹介いたします。



解体


古くなった床の木下地を解体する作業を撮影したものです。


今回のマンションリフォームは、

室内にあるほとんどの物を入れ替えるリノベーション的な内容になるので、

フローリングや畳の解体から、それを支える下地枠までも全て解体いたします。



床を水平に戻すことでリフォームの質が変わる


次におこなうのは、

これから新しく造る内装が真っ直ぐ建つようにするために欠かせない、

床を水平に戻す不陸調整のリフォーム工事です。


ほとんどの室内で床を水平に戻す作業をおこなっていきます。



築50年にもなりますとマンション自体に傾きができてしまうのは、

地震や地盤沈下、劣化などによるものなのでどうしようもありません。

でも、そのままの状態でリフォームを進めてしまうと、

大げさに例えればイタリアに建つピサの斜塔のように、

「何だか真っ直ぐ内装が仕上がっていないなー」 といったことにもなりかねません。

なので、基礎からもう一度水平に戻してあげることはとても大事です。

このあと行う内装のリフォーム品質に差がでてきますからね。



マンション内装と一体化させる収納


もともと床の間があった空間を一度解体し、

左側の収納と同じになるよう新しく造りました。


リフォーム前の床の間の画像をお見せできないのが残念ですが、

「この場所に押入れができてしまうの?」 と新しく押し入れができてしまう様は圧巻です。



さて、次は別の室内に新しくクローゼットを造作しています。


マンションの内装に直接収納を造ってしまう利点は、

インテリアも含めて一体感を出しやすいということ尽きると思います。


特に築年数が経過している建物では、

いたる場所に歪みがでてしまっているケースがあります。


新しい内装のインテリアに合わせて家具を購入したのに、

置いてみたら壁から変な隙間ができてしまった。とか、

横から見たら前に傾いているようで不安。だったり、

まっすぐ建ってれない、まっすぐ置けないという状況になりがちです。


床を水平にしてインテリアの一部として収納を造ってしまうことは、

これらの不安をすっきり解消することが出来てしまいます。


私たちが最も得意とする壁一面を壁面収納に替えてしまうリフォームも、

内装と一体化させてマンション全体の収納力を増やしたり、

家具すき間問題をすっきり解消してくれる効果がありますよ。



一体化収納をイメージしやすいのはシステムキッチン


さて、お次はキッチン廻りの収納を増やしていきます。


もともとあったキッチンを解体し、

新しいキッチンに合わせてパネル貼りまでリフォームが進んでいます。



新しいシステムキッチンに合わせて、

キッチン収納の吊り戸棚をお造りいたしました。


マンション全体の間取りに合わせて、

内装と一体化する収納をイメージしやすいのはシステムキッチンの吊り戸棚。


キッチン空間のインテリアに自然に馴染み

使いやすさと美しさを兼ね備えています。


あとは1点こだわりの食器棚を置くだけで、

キッチン廻りの美しさを壊すような無駄な家具を買い足す必要もなくなってきますね。


大きな家具など後から置くものが少ないほど、

生活空間をフルに広く使うことができます。


このように 「内装と一体化する収納」 をマンション全体に増やすことで、

結果的には 「住みやすく・すっきり美しく・そして使い勝手の良い生活空間にすることができた」

と感じられると思うんですよね。




さて、造作作業もほぼほぼ進みましましたので、

次回は内装仕上げをお届けできると思います。


何もなかったところから、

内装がきれいに仕上がってくる様は圧巻ですよ。


お楽しみお待ちください!