ブログ / Blog

「ハマった」という言葉がぴったり合う吊り什器

こんにちは。


ツトム君です。


繰り返しの打ち合わせでお時間をいただいておりました、

姫路の店舗改装リフォームが完工目前となりました。



店舗の改装が完工に近づきました

店舗の改装が完工に近づきました

JR姫路駅のショッピングセンターで始まった店舗改装のリフォーム、

ほとんどの作業が終わり最終仕上げの段階まで進みました。


今回の店舗改装のほとんどは什器製作をメインとしたリフォームです。


什器製作に約2ヶ月、店舗改装に2週間と、

家具や什器にしっかり準備期間を取ることができたリフォームでした。



店舗のシンボルとなる枯木照明を造りました

店舗のシンボルとなる枯木照明を造りました

西宮のオーダー家具工場に運び込まれた大きな枯木。


枯木だけあってとても良い木目の風合いが出ていますね。


このくすんだ色を店舗の明るいイメージに合わせるためひと工夫をおこないます。


店舗の家具や什器は明るめのブラウンを使用しているので、

木目の風合いを残したままくすみを取るために漂白剤で薄めていきます。



薄めた枯木をくり抜きました

薄めた枯木をくり抜きました

さて、枯木の色合い調整も終わったので、

照明器具を設置するための作業を進めます。

枯木を使った照明の製作図になります。


こちらは、枯木を使った照明の製作図になります。


ひとつひとつの什器や家具を設計しておくことがとても大事です。


想像しやすくなった分お客さまに安心いただけて、

尚かつ作業する私たち職人も迷いようがないので安心して作業が行えますね。



色味調整して、いざ売り場に設置

色味調整して、いざ売り場に設置

製作の終わった枯木の吊り什器を店舗に取り付けていきます。


中を削ったとはいえ1本で相当な重さがあります。


地震がおこっても大丈夫なように天井にしっかり固定、

照明用の配線を接続し完了です。



壁面の植物とも相性ばつぐん

壁面の植物とも相性ばつぐん

今回取り付けした枯木の吊り什器の側には、

葉っぱで装飾したアクセントウォールがあります。


インテリアの一部として自然に溶け込んでいて、

とても素敵なリフォームになりました。



商品を陳列させるとより素敵に

商品を陳列させるとより素敵に

店内で使われている家具や什器は、

すべて弊社で製作させていただきました。


店舗全体の雰囲気が同調した時のリフォームは、

「ハマった」という言葉がぴったり合うに感じます。


店舗の内装ができあがり商品を陳列した時に、

更に素敵になったと感じるリフォームはいつ体験しても嬉しいものです。


後は、細かな部分での手直しと、店舗をキレイに掃除すれば完工。


お客さまにも喜んでもらえるか今から緊張です!