ブログ / Blog

凸凹とした内装であっても調和のとれたインテリアに

今回お届けするブログは、

先日リノベーションが完工したH様邸。

マンションの内装リフォームが完成したので撮影をおこなってきました。

Before。

マンションリフォーム前
※解体途中のマンション空間

After。

マンションにオーダーメイド家具を設置いたしました
※ピカピカに蘇ったリビング周り

建築上どうしても出来てしまう柱の凸凹。

マンション空間を有効的にうまくまとめられていますよね。

インテリアがまとまっているっと感じる時って

内装全体の雰囲気にしっかり調和が取れた時だと思いませんか?

その限られたマンション空間を

有効的に調和してくれるのが収納家具だと思うんです。

Before。

作業前にはマンションの室内をしっかり保護
※壁があるだけで薄暗く感じます

柱に壁掛けテレビボード用の補強をいれて、

デスクと家具を柱の間ぴったりに収める。

それだけで、

凸凹とした内装であっても調和のとれたインテリアに仕上げることができる。

After。

柱とデスクの間にぴったりのオーダーメイド収納家具
※開放感あふれるキッチンスペースの完成

扉をあけても壁掛けテレビに干渉しない。

空間を有効活用する。

これぞ、

オーダーメイド家具の魅力ですよね。

マンションにオーダーメイド家具を設置いたしました

内装インテリアのデザインリフォームならお任せ

今村 信也 (35) リフォームプランナー

お客さまのご希望に沿った、リフォームのプランニングを進める傍ら、物づくりが好きという性格から、リフォーム現場やオーダー家具を自分でも手掛ける。アンティーク調や意匠性の高い、インテリアデザインやオーダー家具を得意とする。
デザインリフォームについて問合せる