ブログ / Blog

5分でわかる!短納期で家具製作を依頼するときに気をつけるポイント。


店舗什器のオーダーメイド製作と言えばRe-createにお任せください。

 

お見積りから現地調査、設計からデザイン・オーダー食器棚・家具製作までをすべて自社管理でおこなっております。

 
 
 
 
 

うっかり什器のことまでは頭が回らず準備が抜けていた。

新規店舗改装オープン
「どうしても指定日までに、店舗用の什器を用意しなければならない!」願わくはこのような状態になりたくないものです。
 
しかし、オーナーは店舗オープンに向けてやることが山積み。「ついつい、うっかり什器のことまでは頭が回らず準備が抜けていた!」なんて状況になってしまった方もいるのではないでしょうか。心境的には、巨大な隕石が明日、地球めがけて落ちてくる。そんな危機的状況なはずです。
 
既成品であれば、メーカー倉庫まで取りにいって、引き取るといった強行手段も考えられましょう。しかし、什器の場合、ほとんどが店舗サイズにあわせたオーダーメイド。「納期が間に合わなければ、オープンを延期するしかない…」そんな状況は避けたいものです。
 
本日は、そんな状況であっても条件さえ整っていれば、短納期で家具製作を依頼できてしまう方法をご紹介いたします。
 
 
 
 
 

ここまで必要?と感じるくらい細かなイメージ。

店舗什器の設計図面
什器の製図ができていれば、もう完璧です。一分一秒でも早く期限についてご相談ください。営業時間外や人数を増員することで、希望の納期に間に合わせることが可能かもしれません。
 
「ちょっと待って…製図ってなんですのん?」と言わんばりに準備ができてなかった場合、こと細かなイメージができていれば問題なくお受けできるケースがあります。オーダーメイドで什器を製作する場合、現実にないものを作るので「出来上がってみてイメージが全然違った」「棚はこの位置ではなかった」なんて驚愕の結果になることも少なからずあります。
 
私たちはプロですから、そのような事態は避けなければなりません。その為の予防策として「棚板は床から◯cmで厚みは◯cm、素材はこれ!別の箇所は…」と全体的な摺り合わせをおこない、お客様が望んだカタチにできるよう作業に取り組んでおります。通常、提案からイメージパースも合わせてフルプランとなった場合、摺り合わせから製作まで、ごく簡単な什器であっても約20日〜30日は必要となります。
 
しかし、緊急の場合にはそうも言ってられない状況です。具体的なイメージがあればあるほど、摺り合わせを省くことができます。製作に取り掛かれる日数が早ければ間に合う可能性が高まります。
 
 
 
 
 

他にどうすることもできず、毎回ぜったい短納期。

店舗什器のオーダーメイド製作
オーダー店舗什器の製作店舗用家具什器
「いろんな事情があって、どうしてもいつもいつも、短納期の依頼になるそんな受け方してもらえる家具屋さんを探している。」ごく稀にそんな問合せがあります。
 
どこの家具工場でも、毎日せっせと家具を作り続けております。会社として構えている以上、とうぜん行き当たりばったりでスケジュールを組んでいる家具屋さんはほとんどありません。職人気質を前面に押し出して「そんな急な対応、どこも無理無理!」と言われるのが落ち。
 
昔は私たちも家具屋さんにお願いしていた身です。他にどうすることもできず、やむを得ず急な対応が必要になる場面もありました。そんな時「パッとオーダーメイド什器を製作してくれる業者があれば…」と天に向かって願う日もありました。
 
私たちはそんなお悩みを解消するために、できる限りを尽くす会社でありたいと思っていますもともと予定していたスケジュールとは別作業になるので、職人は営業時間外での作業。ちょっとばかり費用は高くなりますが、天に願うよりも現実的です。お気軽にご相談ください。