ブログ / Blog

キッチンづくりのメリット、デメリットを知ろう


大阪西区の住宅内装、店舗工事、マンションリフォーム、リノベーション工事と言えば、総合リフォーム専門のリクリエイトにお任せください。
 
 
 
キッチンづくりのメリット、デメリットを知ろう
 
 
 
こんにちは、リフォームWebディレクターのツトムです。
 
キッチン空間のリフォームしたけど、実際に住んでみたらちょっと違った。。。といった話も実際あったりします。 「キッチンスペースのリフォームで失敗しないか不安。。。」 といった場合には、レイアウト別にメリットデメリットについて知っておくことで事前に防げることが可能になります。
 
キッチンスペースは大きくわけて、3つのパターンに分かれます。
 
それぞれあてはまる特徴から、お好みのデザインや性能を考えて失敗のないリフォームにしてみましょう!
 
 
 
 
 
キッチンづくりのメリット、デメリットを知ろう
 
 
 
独立型キッチンスペース
キッチンリフォーム-独立型キッチンスペース
キッチンリフォーム 独立型キッチンスペース
 
一般住宅に多いのが独立したレイアウトです。
 
独立型のメリットは、調理の匂い、煙、ミスト油を防いでくれることです。リビングダイニングとキッチンスペースがしっかり分かれているので、面倒な油汚れも限られたスペースだけ。日々のお手入れも簡単になることから、賃貸住宅や一般住宅に採用されやすいレイアウトになっています。たとえばフロアタイルを使ってみたり、システムキッチンと収納家具に統一感をだしてみたりなど、リビングダイニングとは違った室内空間をつくることができます。また、汚れにくい建材でまとめてもらうのも清潔感を保つポイントになります。
 
デメリットは、リビングダイニングと離れてしまうことです。離れた場所からの調理になるので、小さなお子さんの様子や気配は気づきにくい点にあります。
 
 
 
 
 
カウンター型キッチンスペース
キッチンリフォーム-カウンター型キッチンスペース
キッチンリフォーム カウンター型キッチンスペース
 
カウンター型キッチンは、リビングダイニングを見渡せるのがメリットです。
 
調理作業中でもダイニングの様子や気配が分かり、目をはなせない小さなお子さんのいる家庭で人気。インテリアの一部として、こだわりのカウンターにすることでおしゃれな空間をつくることができます。
 
しかし、独立型キッチンにくらべて収納家具の設置場所や形など制限されるのがデメリットになります。
 
 
 
 
 
アイランドキッチンスペース
キッチンリフォーム-オープンキッチンスペース
キッチンリフォーム オープン型キッチンスペース
 
リビング、ダイニング、キッチンの境界をオープンにすることで、すべて見渡せる開放感が魅力です。調理台が広いのも特長で、家族揃って料理したりパーティーなどにも使い勝手良いのが特長です。しかし、キッチンからでる匂い、煙、ミスト油などが流れやすくなるので注意が必要です。
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
キッチンスペースにもそれぞれの特徴があります。生活スタイルに合わせてこだわりのキッチンスペースの参考になれば嬉しいです。