ブログ / Blog

オフィス パーテーション上部塞ぎ|大阪市中央区 企業ビル W様


 
こんにちは、リフォームブログ担当の ” ツトム君 ” です。
 
突然ですが、リフォームには見ただけではなかなか分からない難しさがあったりするものなのです。
 
本日は、簡単にできてしまいそうだけど、実は技術がひつようなリフォームの内容をお届けしたいと思います。
 
 
 
■ 目次
 
 リフォームまでのあらすじ
 オフィス パーテーション上部塞ぎ Before After
 見てわかる施工のながれ

 
 
 
 オフィス パーテーション上部塞ぎ大阪市中央区 企業ビル W様

 
大阪市中央区にオフィスをかまえるW様。
 
大阪市中央区と言えば、パッと思いつくのが松屋町筋にかかる 「天神橋」 です。 夏になりますと、日本でも三大祭りと歌われている  「天神祭」 が行われことで有名なんですよね。 大阪市の中心地で企業のビルが立ち並ぶ商業地区ですが、この時期はかんしては交通規制がおこなわれるほどの人々で賑わいます。
 
さて、今回のリフォームは 「オフィスのパーテーション上部塞ぎ」 になります。
 
既存のパーテーションは 「間仕切壁を作るにあたって壁の上部が空いてる状態」 で仕上げられておりました。 今回のリフォームは、その上部に空いてる開口を塞ぐリフォーム施工を行います。
 
 
 
それでは、引き続きオフィス パーテーションの上部塞ぎBefore Afterをご覧ください。
 
 
 
目次に戻る
 
 
 
 
 
 オフィス パーテーション上部塞ぎ Before After
 
パーテーションの上部が塞がっていないため 「となりの部屋に音がまる聞こえ」 とお困りになられていたW様。
 
そのことから、上部の開口を塞ぐリフォームが始まりました(*´ω`*)
 
 
 
 
この壁の開口を塞ぐ工事。 四角い板を取り付けるだけ単純な施工のようみ見えますよね? 実は、そこまで簡単なものではなかったりするものなのです。
 
詳しくは、Afterをご覧になられてから!
 
 
▼オフィス パーテーション上部塞ぎ 前

 
オフィス パーテーション上部塞ぎ 後

 
 キレイにぴったりはまっていますよね(*´ω`*)
 
実は、先ほどお伝えしていた簡単ではない理由がここにあります。 
 
既存の壁にあいた開口を塞ぐ場合、きっちりと正方形や長方形になっていることの方がほとんど少なく 「見た目にはわかりにくいですが、台形になっている場合が多い」 んですよね。
 
きっちり採寸をおこない、そのサイズに対して寸分違わず仕上げる技術が必要なのです(*´ω`*)
 
クロスも既存のものと同じクロスを使用したことで 「仕上がりに一体感のある」 すてきなリフォームになりました。
 
 
 
目次に戻る
 
 
 
 
 
 オフィス パーテーション上部塞ぎ 見てわかる施工のながれ
 

 

 

 

 

 

 
目次に戻る
 
 
 
 

 
では、本日のリフォームの模様はここまで。
 
次回も、リフォーム模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createのツトム君でした。