ブログ / Blog

エントランス リフォーム|心斎橋 アパレルブランド T様


 
こんにちは、リフォームブログ担当のツトム君です。
リフォームというとやはり 「内装や水廻り」 のことが気になりますか?
 
実は 「玄関口となるエントランス」 は、訪問される方がもっとも
初めに目にする箇所になり、いわば 「顔」 のようなものです。
 
居心地よい空間へのこだわりは 「安心感や信頼」 にとつながることも多く 
せっかくリフォームするのであれば、合わせてチェックしてもらいたい箇所になります。
 
本日は、そんな雰囲気がガラッと変わった
エントランスのリフォームについてお届けしたいと思います。 
 
 
 
■ 目次
 
 前回までのあらすじ
 
 ガラッと雰囲気の変わるエントランス Before After
 
 画像で見る施工のながれ
 
 プチ情報
 
 
 エントランス リフォーム|心斎橋 アパレルブランド T様

 
心斎橋の商業施設 「BIG STEP」 はご存知でしょうか。
大阪市中央区に建つファッションビルで、アメリカ村のランドマーク的な存在ですよね。
 
 
 
その真向かいのビルに、アパレルのブランド事務所をお持ちのT様。
 
「事務所の移転に伴うリフォームと、各ショップの改修工事」 などなど、
過去には何度もリフォームのお手伝いをさせていただいております。
 
 
 
今回のリフォームは、もともと他アパレルショップが使用していた大きなフロアを、
大改装して、新しく移転する 「事務所へとリフォーム」 する計画です(*´ω`*)
「スタジオルーム」 や 「応接室」 にあわせ、
商品の在庫を保管できる とても大きな倉庫へとリフォーム!!
 
 
 
 
 
さて、こちらの リフォームもお届けするリフォームの内容が多いために
「数回にブログをわけてお届け」 いたします(´ε` )
 
 
 
前回では 「商品などをたくさんストックするためのリフォーム 商品倉庫編」 をご紹介したしました。

 
今回は 「エレベーターを降りてすぐのリフォーム エントランス編」 をお届けいたしまーす。
 
 
 
 
 
目次に戻る
 
 
 
 ガラッと雰囲気の変わるエントランス Before After
 
エントランス リフォーム前

 
奥に見えるのが1階からフロアへ移動できるエレベーター。
ここがお客様を迎え入れるエントランスのスペースとなります。
 
まだリフォーム前なので、フロアには照明がすくなく薄暗い状態。
このエントランスのスペースが、リフォームでどのように変化するのでしょうか。
 
 
 
 エントランス リフォーム後

 

 
どうでしょうか?
 
エレベーター前の壁を取りのぞき大きなガラスを入れ込むことで、
狭さを感じさせない開放的なエントランスへとリフォームすることができました(*´ω`*)
 
すぐ前に見えるのは、社名のカルプ文字ロゴ。
*個人情報のためぼかしてあります
ピンクとの相性も抜群でお客様に喜んでいただけました(´ε` )
 
今回もガラッと雰囲気が変わるステキなリフォームへと仕上げることができました!!
 
 
 
 
 
目次に戻る
 
 
 
 画像で見る施工のながれ
 
▼リフォーム前 フロア

 
▼エントランス通路 枠下地組み & 壁面解体

 

 
エントランス通路 ボード張り付け & ガラス枠取付け

 
▼エントランス ガラス設置

 

 

 

 

 

 
▼エントランス リフォーム完了

 
 
 
 
 
目次に戻る
 
 
 
 プチ情報
 
エントランスは 「雰囲気や印象によって」 
取引先や顧客にあたえる印象が左右されやすい場所になります。
 
暗かったり間口が狭かったりすると 「なんだか入りたくないな」 
なんて印象を受けてしまいやすいですよね(>_<)
 

 
建物の構造的に自然光が入りにくいということなら 「ダウンライトやスポットライト」
 
心理学的には、エントランスにきちんと光があるような明るさがあり、
全体的に柔らかさを感じさせるデザインになっていることがイメージを良くするための理想なのだとか。
 

 
間口のスペース視覚的に広く演出するには 「ガラスドア」 がぴったり(*´ω`*)
 
ピンクの塗装で柔らかい印象と 「スポットライト」 で、
入り口にひかりが当たるよう、ライトアップいたしました(´ε` )
 
 
 
 
 
目次に戻る
 
 
 

 
では、本日のリフォームの模様はここまで。
 
次回も、リフォーム模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createのツトム君でした。