ブログ / Blog

塔屋塗装、防水塗装、フェンス塗装|梅田周辺 企業ビルS様


 
リフォームしたいけど 「どんな業者を選んで良いのか分からない!」 なんて思ったりしたことはありませんか?
 
せっかくリフォームするのであれば、価格以外にどこで業者を選ぶのか気になるポイントだと思います。
今回は、価格が安くてお得なリフォームでも、どんな業者を選べば失敗しないか、リフォーム模様と合わせてお届けしたいと思います。
 
 
 塔屋塗装、防水塗装、フェンス塗装 屋上完成!

 
大阪市北区に自社ビルをお持ちのKさま。
 
「年月とともに錆びて汚れてしまったビル屋上を、防水塗装も含めフェンスなどもキレイにして欲しい」 とのご要望により、屋上の塔屋の塗装から防水の塗装、フェンス塗装リフォームがスタート。
 
防水塗装といえば、上からシートを敷き詰めて塗装のコーティングを行えば完成!!
なーんて、なかなか簡単には行かないもんなんですよね。
 
現場により状況や環境はさまざまです。
まず、防水塗装で肝心なのは、雨漏りに対して考えられる可能性をひとつひとつ状態に合わせてチェックすることから始まります。
 
 
 
「屋根そのものが弱ってしまっている」
「屋上の壁面に亀裂があるので補修が必要だな」
など、パッと見ただけで分かる症状から、見ただけではなかなか分からない経年劣化も含め慎重に確認作業を行っていきます。
 
 
 
さて、確認作業がおわったら、今度は作業にとりかかります!
 
錆びで汚れてしまった床や基礎を 「根気よくケレン処理で削り」
床などのサビ汚れがキレイになったら 「平らになるよう左官で平滑仕上げ」
 
防水シートを全体的にしきつめ、すべての下処理が完了したら 「防水塗装の塗布」
乾燥すれば防水塗装の完了です!
 
 
 
ザザーッと防水塗布までの工程をご説明しました。
屋上に防水加工をおこなうリフォームなんですが、いろーんな作業工程がありしたよね!
防水処理をおこなうだけでも、こんなにも作業工程があったりします^^
 
 
 
さーて今回は、梅田近隣エリアの企業ビルの屋上防水塗装になります。
 
故障でとりはずした室外機の基礎がそのまま残っている状態でした。
そのままの状態でリフォームを進めても、防水塗装としの機能は十分に発揮するのですが…
 
使わないのであれば邪魔ですよね?
私ならそう思うはずです。
 
お客様に喜んでいただければと、使わなくなった基礎の部分は下処理をおこない、平らな状態に仕上げてからの防水塗装を行うことにいたしました!
 
 
 
防水塗装の前

 
防水塗装、その他のリフォーム処理後

屋上スペースがスッキリとした、素敵なリフォームになりました!
プランターを並べて、環境にやさしい屋上の緑化もできそうです^^
 
 
 
さて、さきほどお話しました下処理の工程。
 
ここの部分をしっかり行うか行わないかで、防水効果が長持ちするかなど決まっていきます。
 
 
 
実はこの下処理ですが…
上から防水塗装をおこなってしまえば
「手抜きしているのかしてないのか分からない」
 
 
 
リフォームには、そこに至るまでのいろんな工程や下処理がありましたよね?
 
必要な施工の工程があるぶん、工事期間や職人の施工費、資材費はもちろん必要になってきます。
 
 
 
でも、やっぱり工期は短く、費用は安く抑えたいものですよね!!
 
 
 
では、価格のお得なリフォームはどこで費用を削っているのか??
大抵は、見ても分からないような工程を短縮して手抜きを行うことで帳尻を合わせていたりします。
 
リフォームする際には、そのあたりもしっかり行ってくれる業者なのか比較するのをオススメしま^^
 
 
 
それでは、防水塗装が完成するまでをご紹介!

防水塗装前の屋上。
水はけも悪く、たまりやすい部分は特に黒く濁った感じになっています…。
 

まず、使わなくなった室外機の基礎を取壊していきます。
 
これが、結構たいへんなんですよ。
壊してはガラを屋上から地上まで撤去する繰り返し(涙)
 

はつり作業が完了しました。
 

床を平滑な状態にしあげています。
 
 
 

 
では、大阪市梅田周辺の防水塗装の模様はここまで。
 
次回も、リフォーム模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createのツトム君でした。