ブログ / Blog

屋上左官 外壁足場 タイル美装|大阪市北区 企業ビル


 
 
 
大阪市北区 企業ビル工事

 
「今までのリフォーム状況」
屋上へ資材搬入するために1階入口からエレベーター、屋上へ続く階段の養生を行い、屋上の不要なコンクリートをはつり、平らな状態に仕上げました。
ビルの側溝でグレーチングの取り替え準備として、排水溝の清掃を行い、ビルの側面に足場を組み屋上と塔屋・フェンスの塗装が完了しました。
グレーチングの仮設置も完了。
 
本日は、今までご紹介できていなかった場面をまとめてご案内いたします。
 
 
 
 屋上左官
 

 
屋上の床から突き出していたブロックをはつり、凸凹になった状態を左官で平滑に戻す作業をおこなっています。
 
写真は塔屋から左官作業を撮影した模様です。
凸凹になっている場所に、雨水などの水溜りが発生するのを防ぐため不陸調整は必ず行います。
せっかくキレイに防水処理を行っても、水溜りばかりで水はけが悪い状態ではリフォームする意味がありませんよね。
床を平滑に仕上げてからでないと防水処理の工程へ進むことはありません。
 
 
 
雨漏りし始めてからでは費用が膨らむ可能性が高くなります。
チョーキング現象が発生しているかなど、定期的に点検することが安心して長く暮らすための秘訣と言えます。
 
 
 
 足場設置
 
 
 
塔屋の側面を塗装するため、企業ビルの側面に足場を組む作業を撮影した模様です。
 
車や歩行者の妨げにならないよう細心の注意をはらい、職人が快適に作業を行える環境を整えていきます。
しっかり作業を行えるための環境づくりだけではなく、近隣の安全を確保するためにも重要な工程になります。
 
神戸のオフィス街で解体現場の足組が倒れて大惨事になる事故が発生しました。
短期で安価な施工ばかりに目をとられ、安全管理が徹底されていない業者に依頼すると後々重大な責任問題にもつながりかねません。
リクリエイトでは安全や近隣への気配りも 「リフォームでお客さまに笑顔をお届けする」 ひとつだと考えております。
 
 
 
足場が組み終わり、作業中に出たゴミが飛散しないよう上から養生をかぶせます。
 
 
 
 外壁タイル美掃
 
 
 
足場組が完了したので、ビルの外壁を高圧洗浄機で美装しました。
 
細い目地に蓄積した汚れも高圧洗浄でキレイになりました。
 

 
 
 
 アスファルト舗装
 

 
リフォーム前のグレーチングを取り外す際に、一部めくれてしまったアスファルトの舗装作業の模様です。
 
表層のアスファルトを温め馴らしています。
 
 
 

 
では、大阪市北区の企業ビルの模様はここまで。
 
次回も、リフォーム模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createのツトム君でした。