ブログ / Blog

ベッドルーム|大阪市淀川区 独身寮


 
 
 
大阪市淀川区 独身寮リフォーム工事

 
「お客さまのご要望」
単身者用社宅の経年劣化に伴い、生活を考慮した快適な間取りへ
リフォームしたいとのご要望をいただき施工がスタートいたしました。
劣化の状態から室内についてオールリフォームに近い状態をご提案いたしました。
 
「前回までのリフォーム状況」
淀川区の単身者用社宅、外装、内装リフォームがスタートしました。
外装リフォームは経年劣化を起こしたモルタルの解体、鉄骨錆のケレン・溶接まで進み、
内装リフォームについては、解体、電源・給水排水配管の移設木下地・ボード・ベニヤの張付け、
ユニットバスの取付け、フローリングの張付け作業まで順調に施工が進んでおり、クロス取付けまで完了いたしました。
 
本日は、美装前の内装仕上がりをお届けしたいと思います。
 
 
 
 美装前のベッドルーム
 

 
大阪市淀川区の独身寮、ベッドルームを撮影した模様です。
 

 
玄関側に向かって撮影した模様です。
 
玄関から片引き戸を開けると、すぐベッドルームへ移動することができる間取りになっています。
 
 
 
少し撮影の角度に違いはありますが、同じスペースを比較した模様です。
 
左がリフォーム前、右がリフォーム後になります。
新しい片引き戸に合わせ扉枠を組み直すなど、細かな部分にまで気を配りリフォームいたしました。
木下地からボード張付け、配線を新しく移設も行い、畳もフローリング、クロスも新しく張り替えました。
 
 
 
正面から撮影した模様です。
 

 
キッチン&ダイニング側に向かって撮影した模様です。
 

 
ベッドルームとキッチン&ダイニングの枠部を撮影した模様です。
 
 
 
クローゼットのリフォーム前とリフォーム後を比較した模様です。
 
クローゼットになり扉の間口は小さくなりましたが、中のスペースは同じ容量のままです。
ふすまから両扉のクローゼットになったことで、半分以上中を見渡すことができるようになっています。
また、押入れの上下段をひとつの空間にしたことで、コートなど長い衣類を並べても下に収納された荷物もひと目で見ることができるようになっています。
 
 
 
 
クローゼットの開閉を比較した模様です。
 
 
 

 
では、本日のリフォーム模様はここまで。
 
本日のリフォーム模様についてお楽しみいただけたでしょうか?
次回も、引き続きリフォーム模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createのツトム君でした。