ブログ / Blog

側溝グレーチング|大阪市北区 企業ビル


 
 
 
大阪市北区の企業ビル工事

 
「今までのリフォーム状況」
屋上へ資材搬入するために1階入口からエレベーター、屋上へ続く階段の養生を行いました。
本日は、養生前に撮影した側溝についてご紹介したいと思います。
 グレーチング前
 
 
 
企業ビルの入口を撮影した模様です。
 
入口の側溝には危険防止のための縞鋼板(チェッカープレート)が設置されています。
 
 
 

 
 グレーチングとは?
 
グレーチングとは、解りやすく伝えると道路の側溝に設置されている網状の蓋です。
 
人が通行する場所などに側溝がある場合、段差による転倒などの危険を防止するために溝の上部に蓋をかけます。
縞鋼板でも同じ効果を見込めますが、グレーチングの場合は雨水など排水も行うことが出来ます。
また、網状になっているため大きな蓄積物を詰まらないようにする効果も見込めます。

 
 
 
 
 
企業ビルの北側を撮影した模様です。
 
駐車場の入口も縞鋼板が設置されています。
 
 
 
企業ビルの東側を撮影した模様です。
 
北側の駐車場へと通り抜けることが出来ます。
 
 
 
企業ビルの東側のシャッターが閉じた様子とその奥の側溝を撮影した模様です。
 

 
では、大阪市北区の企業ビルの模様はここまで。
 
次回も、大阪市北区の企業ビルの模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createのツトム君でした。