ブログ / Blog

事務所内 BeforeAfter|西区倉庫 事務所新設


 
 
 
西区倉庫の事務所新設

 
「お客さまのご要望」
既存の倉庫内に新しく事務所を新設したいとのご要望をいただき、
倉庫の修繕を含めリフォーム工事がスタートいたしました。
 
「今までのリフォーム状況」
倉庫内に新しく新設する事務所サイズに合わせ木下地を組みました。
そこから石膏ボードを貼り付け、床の不陸調整を行い、床とクロス張りまで順調に進み
コンセントなどの電気配線も設置が完了しました。
 
さて、本日は事務所内に棚や机を設置した模様をお届けしたいと思います。
 
 
 
 倉庫内の事務所 造作完了 
 
 
 
それぞれ、事務所内の床のBeforeAfterを撮影した模様です。
 
コンクリートの床からクッションフロアへリフォームいたしました。
床を平滑にするための不陸調整を行い、その上からクッションフロアを張付けました。
 
 
 
それぞれ、事務所内の壁面のBeforeAfterを撮影した模様です。
 
コンクリートの壁面からクロスの内装へリフォームいたしました。
壁面に木下地を組み、ボードを張付け、パテで平滑に仕上げたのち、クロスを張付けました。
 
 
 
それぞれ、事務所内から正面入口のBeforeAfterを撮影した模様です。
 
シャッター開口部の内側に事務所の入口を造作いたしました。
木下地を組み、ボードを張付け、パテで平滑に仕上げたのち、内装はクロス、外装はパネルを張付けました。
 
 
 
それぞれ、外から倉庫内のBeforeAfterを撮影した模様です。
 
シャッター開口部の内側に事務所の入口を造作いたしました。
事務所奥の勝手口は、さらに奥の倉庫と繋がっているため自由に移動することが可能です。
 
 
 

 
 玄関や勝手口を選ぶポイント
 
玄関や勝手口を新しいデザインにリフォームすると帰宅するたびに何だか嬉しくなりそうですよね。
 
そんな玄関のリフォームですが、ついつい見逃しがちなポイントがあります。
それは、北や南など設置されている方角によって断熱性能を重視するのか、または湿気が気になるので風通しを良くするのかなど、用途に合わせたドアの性能を先に決めてしまうことです。
 
お気に入りのデザインが見つかったので決めてしまったけど…
性能面で同じデザインが無かったなんてショッキングなことが起こってしまう可能性も少なくはありませんよね。
ついつい、デザインに目が行きがちですが、リフォーム後に 「失敗した!」 なんてことが起こらないように設置されている環境から選んでみると良いかもしれません。
 
「そんな生活後のことまで、実際に起ってみないと想像なんてできない!」 そんな方はぜひ気軽に相談してみてください。
リフォームを専門に行っているリクリエイトだからこそ、今まで培った経験からお客さまの環境で起こりえるケースなど的確にアドバイスすることができます。
 
「リフォームの相談をしたから契約させられるんじゃないの?」
いえいえ、そんなことは決してありません。小さなことから何でもお気軽にご相談ください。

 
 
 

 
では、西区倉庫の事務所新設の模様はここまで。
 
次回も、引き続き西区倉庫の事務所新設の模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createの山口でした。( ・ω ・)ノシ