ブログ / Blog

2階通路の外装|淀川区独身寮

大阪市西区・港区・福島区・此花区・中央区・北区・浪速区の
住宅・マンションリフォーム、店舗改装、内装・外装・水廻り工事のことなら
大阪市のリフォーム住宅や店舗の内装工事、キッチン・トイレなどの水まわりのリフォーム 安心価格でのご提案します。
 
リクリエイトのブログ担当山口です。
 
このブログでは、リクリエイトがどのような会社なのか、施工の具体的な実例も含め
工事中の様子など、リフォームに役立つ基礎情報を交えがらお届けいたします!
 

 
本日は、淀川区独身寮のリフォーム模様をお伝えいたします。
 
お客さまのご要望
単身者用社宅の経年劣化に伴い、生活を考慮した快適な間取りへ
リフォームしたいとのご要望をいただき施工がスタートいたしました。
劣化の状態から室内についてオールリフォームに近い状態をご提案いたしました。
 
前回までのリフォーム状況
淀川区の単身者用社宅、外装、内装リフォームがスタートしました。
外装リフォームは経年劣化を起こしたモルタルの解体、鉄骨錆のケレン・溶接まで進み、
内装リフォームについては、解体、電源・給水排水配管の移設木下地・ボード・ベニヤの張付け、
ユニットバスの取付け、フローリングの張付け作業まで順調に施工が進んでおります。
さて、次はどんなリフォーム作業が行われるのでしょうか。
 

 
淀川区単身者用社宅の内装リフォームも、いよいよフシステムキッチン取付けのまで終了いたしました。
本日は外装の2階通路側面についてのリフォーム模様をお届けしたいと思います。
 
 2階通路 側面・床面
 
 
 
2階通路側面の外装を剥がした模様です。(写真:左)
 
本来の計画では、モルタルの外装をそのまま残し、補強するためのエポキシ注入工法を行う予定でした。
 
しかし…
 
考えていた以上にサビの進行が進んでおり、外装のモルタルを残したまま補強するエポキシ注入工法は断念せざる得ませんでした。
 
既存のモルタルはすべて解体したのち、鉄骨の錆止め・補強、構造用合板に防水処理を行う内容へ変更となりました。(写真:右)
 
 
 

 
 エポキシ注入工法とは?
 
高い補填性と接着性
補修・防錆・防食・接着など、様々な機能を持つ無機質系補強材料です。
隙間から直接着剤を高圧注入するため、奥深くまで液剤が届き高い接着性を発揮します。

 
 
 

 
2階通路側面を撮影した模様です。
 
サビ落としのケレン処理を行い、サビの進行が進んだ鉄骨に錆止め・補強を行い
2階通路の外壁に新しく木下地を組んでいます。
 
組み上がった木下地に構造用合板を左側から張付けています。
 
 
 
2階通路の外装下地が完了した模様です。
 
 
 
新しくできあがった外装の下地に防水処理を行っています。
 
 
 

 
では、本日の淀川区独身寮の現場模様はここまで。
 
次回も、引き続き淀川区の独身寮の現場模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createの山口でした。( ・ω ・)ノシ