ブログ / Blog

収納スペース|淀川区独身寮

大阪市西区でリフォームのことなら
大阪市のリフォーム住宅や店舗の内装工事、キッチン・トイレなどの水まわりのリフォーム 安心価格でのご提案します。
 
リクリエイトのブログ担当山口です。
 
このブログでは、リクリエイトがどのような会社なのか、施工の具体的な実例も含め
工事中の様子など、リフォームに役立つ基礎情報を交えがらお届けいたします!
 

 
本日は、淀川区独身寮のリフォーム模様をお伝えいたします。
 
お客さまのご要望
単身者用社宅の経年劣化に伴い、生活を考慮した快適な間取りへ
リフォームしたいとのご要望をいただき施工がスタートいたしました。
劣化の状態から室内についてオールリフォームに近い状態をご提案いたしました。
 
「スッカリ忘れたリフォーム前」 前回までの流れ
外装から、内装の玄関・パウダールーム・キッチン・畳・クローゼットまで、
リフォーム前の状況をBefore・Afterや豆知識などを含め振り返ってきました。
さて、本日もリフォーム前の現場を一緒に振り返ってみましょう。
 

 
『 リフォーム前の状況なんてスッカリ忘れてしまった! 』
このような方も、まだまだいらっしゃるかもしれませんね。
 
ここで、もう一度リフォーム前の模様を振り返ってみましょう。
 
 ダイニングルーム
 
 
 
和室からキッチンに向かって、リフォーム前の現場を撮影した模様です。
リフォーム後にはキッチンスペースまで突き抜けたダイニングルームとなります。
 
 
 
ダイニングルームの収納スペースを撮影した模様です。
 
 
 

 
 湿気がこもりやすい場所には調湿建材
 
調湿建材とは
湿気を調整してくれる建材で、湿度の高い場合は「除湿」、乾燥している時には
空気中の湿度を調整してくれる「加湿」の機能として働いてくれる優れた特性があります。
 

LIXILエコカラット(ECOCARAT)
 
特に押し入れは奥行きも深く、隙間の少ない状態で収納したままになるケースが多いものです。
収納すると湿気や結露が発生しやすくなるものです。
収納スペースをリフォームする際には、収納の用途に合わせ調湿建材を使ってみてはいかがでしょうか。

 
 
 
 
 
リフォーム前とリフォーム中の収納スペースを比較した模様です。
 
ダイニングルームの収納スペースは、下地をそのまま残し枠・壁面・天板に
新しいベニヤの張付け作業を行っております。
 
 
 

 
 押入れのリフォーム革命?!
 

押入れのスペースを有効に使って部屋に新しい空間を追加するリフォーム

押入れサイズの小さな書斎コーナー(書斎リフォーム! 男の居場所より)
*押入れ再活用! リフォームで3つの大変身All About
 
押入れのリフォームになると、機能的なクローゼットやデザイン性の高いクローゼットに人気が集まります。
 
もちろん収納が多いにこしたことはないのですが、視点をかえて考えてみると
押入れのスペースは新たに有効活用のできる空間をプラスすることも可能になります。
 
例えば、押入れの中に小さな収納とカウンターを取り付ければ、
ちょっとした書斎スペースを追加することも可能です。

 
 
 

 
本日の淀川区独身寮の現場模様はここまで。
 
次回も、引き続き淀川区の独身寮の現場模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createの山口でした。( ・ω ・)ノシ