ブログ / Blog

レストルーム|淀川区独身寮リフォーム

大阪市西区でリフォームのことなら
大阪市のリフォーム住宅や店舗の内装工事、キッチン・トイレなどの水まわりのリフォーム 安心価格でのご提案します。
 
リクリエイトのブログ担当山口です。
 
このブログでは、リクリエイトがどのような会社なのか、施工の具体的な実例も含め
工事中の様子など、リフォームに役立つ基礎情報を交えがらお届けいたします!
 

 
本日は、淀川区独身寮のリフォーム前をお伝えいたします。
 
お客さまのご要望
単身者用社宅の経年劣化に伴い、生活を考慮した快適な間取りへリフォームしたい
とのご要望をいただき施工がスタートいたしました。
劣化の状態から室内についてオールリフォームに近い状態をご提案いたしました。
 

 
『 リフォーム前の状況なんてスッカリ忘れてしまった! 』
このような方も、まだまだいらっしゃるかもしれませんね。
 
ここで、もう一度リフォーム前の模様を振り返ってみましょう。
 
 レストルーム
 

 
レストルーム(トイレ)の入口を撮影した模様です。
手をあらうための受け皿が、経年劣化により半分以上も失われています。
 
 
 

 
 毎日使う場所だからこそ!
 
キッチン、風呂、トイレの水まわりをリフォームしたいと考える方が年々増えています。
 
特にトイレのリフォームについては、狭い空間だけに壁との距離も近く
後になってから「小さな部分が気になってしまった」などの話も多くあります。
 
まさかこんなことになるとは...
トイレリフォームをする際に、スペースを広くするため洗浄タンクに
手洗い受けが付いたタイプに交換したケースです。
 
便座と合わせトイレ用のアクセサリーも新しいものに
交換したのは良かったのですが…
 
手を洗った後にタオル掛けまで手を移動させないといけないために
便座や床に水滴が垂れてしまうことが気になるそうです。
 
新しくリフォームした場所だからこそ、毎日快適に利用したいですよね。
 
リクリエイトでは、リフォーム後の使い勝手などにも気を配り
お客さまに笑顔で過ごしていただけるよう、さまざまなご提案を用意しております。

 
 
 

 
リフォーム前の便器を撮影した模様です。
 
ハイタンク式トイレのため、配管の付け具にレバーがありません。
ハイタンク式トイレは、上部に設置したタンクからぶら下がる糸を引いて洗浄します。
 
タンクが上部に設置されている為、水圧があがり勢い良く洗浄できるのが特徴です。
 
 
 

 
 パッコン?すっぽん?
 
水まわりで排水口が詰まると使うことが多い道具ですが、
正式名称をご存知なかたはいらっしゃいますか?
 
実はこの名前、以外に知られてないことが多いのだとか。
 
正式名称
ラバーカップ
 
中には、勢い良く押して詰まりを解消させる道具だと思われてる方も
多いのではないでしょうか。
このラバーカップは排水口にぴったりと設置し、しっかり押し込んでから
勢い良く引っ張ることで発生する真空によって吸引する道具なのですね。

 
 
 

 
上部のタンクを撮影した模様です。
 
タンクの右から洗浄用のチェーンがついています。
このチェーンを下に引っ張り洗浄します。
 
 
 

 
本日の淀川区独身寮の現場模様はここまでです。
 
次回も、引き続き淀川区の独身寮の現場模様をお伝えいたしますのでお楽しみに!
(株)Re-createの山口でした。( ・ω ・)ノシ
 

関連記事:キッチンスペース,ガス栓|淀川区独身寮リフォーム

通常であれば、下水の臭いは排水トラップで
シャットアウトされます。では、なぜ臭うのか?
そのひとつは、排水トラップの汚れです。[...]