ブログ / Blog

リフォームで暑い夏を乗り切るぞぃ!!!

大阪市西区でリフォームのことなら(株)Re-createの池上です。
本日もリフォームのあれこれお伝えいたします。
 
 
 
 
 
最近本当に暑いですね…
 
 
(こればっかり言ってる気がする笑)
 
 
 
部屋の中にいても暑い…
クーラーなしでは過ごせない。
 
 
ところでなんで直接日光を浴びてないのに暑いの?
 
毎年毎年思うんですが本当になんでだろうと思い調べてみました。
 
 
 
そしたらこんな風になってたんですね
 

 
 
 
夏の開口部から熱が入る割合.gif
 
なんと!窓から73%もの熱が入ってきているのが分かります。
 
 
 
そこで!夏を快適に過ごす-2℃リフォームを考えてみました。
 
 
開口部(窓)
サッシの内側に もうひとつサッシを付ける
サッシを二重ガラスにする(開閉が少し重くなりますが・・)
サッシに断熱フイルムを貼る(UVカット99%、断熱性能20%向上)
ルーバー雨戸に交換する。(雨戸を閉めていても風が入ります。)
 
 
 
窓のひさしを付ける
ひさしがない家も多いこの頃、ぜひひさしの良さを再確認して見てください。
夏の太陽は冬より高さが高い。日射を防ぐ役目を果たしています。
しかも、窓からの雨漏りも防いでくれます。
 
 
 
屋根を断熱性能の良い屋根に変える
特に断熱性能の低い金属屋根及びコロニアル(カラーベスト)他
セキスイかわら他のカバー工法で楽々涼しい屋根に変えれます。
 
 
 
換気扇を付ける
温度センサー付き換気扇もあります。吸入を考えて施工をしてみて下さい。
屋根裏換気扇も効果がありそうですね。
 
 
 
断熱塗装
屋根に関しては15℃~20℃低減、外壁は従来の塗装の1/5しか熱を伝えないとのメーカー宣伝が…。
 
 
 
断熱材を入れる
家の中の温度差が10℃から4℃に快適な住まいに変わります。
 
 
 
外壁にサイディング
外壁にサイディングを貼ると、おうちが今流行の外断熱になります。
中から断熱材を入れるより、簡単にリフォームが出来ます!(防音効果のおまけも…)
 
 
 
サーキュレーター
室内の空気を循環させる、扇風機みたいなもの
クーラーと併用すると、室内の温度が均一化され涼しくなります。(省エネにもなりますよ)
 
 
 
縦すべり出し窓を付ける
開けると張り出す窓を付け、自然な風を取り込みます。
 
 
 
といった感じに-2℃のリフォームは様々あります。
 
 
 
すべてリフォームしたら-30℃になるかも?
 
 
 
という冗談はさておき
一つだけでも室内の温度は変わると思いますので試してみる価値はありますよ(*^^)v
 
 
 
 
 
 
リフォームで暑い夏を乗り切りましょう!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(株)Re-createの池上でした。( ・ω ・)ノシ